オフィスの引越し | 会社や事務所の移転のための引越し業者の選び方

オフィスの引越しの特徴

オフィスの引越しは一般家庭の引越しとは異なります。
現事務所と移転先の事務所のレイアウトやインターネットなどの関連工事などによって引越し計画が組まれます。
セキュリティ対策工事や新レイアウト設計・移転事務所でのオフィス家具の販売などのサービスも行なっている業者もあります。
また、社員向けの移転説明会の実施も行い引越しがスムーズに進められるような提案もしています。

オフィスの引越し依頼までの流れ、1現状と移転先のレイアウト確認・2お客様の希望要望の聞き取り・3荷物の領都種類の確認(重量物も含める)・4関連工事の確認・5搬出経路の確認(出入口やエレベーター、階段など)・6周辺状況の確認(駐車スペースなど)・7不要品の有無確認などを確認の上見積書が提示される

見積りする上で、新旧の事務所の広さと荷物量、エレベーターからトラックの距離、作業人数、トラックの台数などによって引越し料金が異なります。

上記項目のように細かく確認を行い使用するトラックや作業人数を割り出し見積書が作成されます。
また、会社の規模により作業リーダーの割り振りを行い円滑に引越しができるような引越し計画を作成します。

オフィス(事務所)の引越しを取り扱う引越し業者

事務所の引越しで注意すべき点は、「引越し・移転スケジュール管理提案」です。
ただ物を運べばいいわけではなく、移転後すぐに仕事に漬ける状態までしなくてはなりません。
大切な書類などもあるので守秘義務のしっかりした業者を選ぶことが大切です。

クロネコヤマト引越しセンター

クロネコヤマトの特徴は、美術品などの梱包・輸送も手がけているため幅広く企業の引越しが可能になります。
料金は旧居の総家財量と旧居から仮住まいまでの輸送距離で決まります。
各種住宅メーカーとの提携割引があるので見積時に相談するとお得です。


ハトのマークの引越しセンター

5坪ほどの小規模から大規模のオフィス引越パックが揃っています。
事務所移転に伴うオプションも充実しており、クリーニングや不動産物件の提案などもあります。
時間がない会社には、すべてお任せパックも用意されています。
「椅子と机だけ依頼したい」などの要望にも答えてくれるなど安心して引越しが出来る各種プランがあります。


オフィス引越しセンター

事務所の引越しの専門の業者です。
レイアウト・ネッチワーク工事・工程表の提案からセキュリティに至るまでプロの知恵がたくさん詰まった満足のいく引越しを提案しています。
数々の事務所移転をこなしているプロ集団の引越し業者と言っていいでしょう。
不安を持ちな企業(個人事業者さまを含む)のための事前説明会の実施もあります。


日通引越しセンター

事務所・病院・研究所・工場など多種多様の業種にも引越しプランの提供を行なっています。
クリーニングやレイアウト変更のほかアフターメンテナンスも行います。
申し込みやサービス内容の承認から作業完了・料金確認までインターネット上で可能です。


アート引越しセンター

移転先の選定・契約や移転スケジュール・什器・備品の買い取りなども電話一つで対応できるサービスが便利です。
オフィスパックでは、法人向けサービスの案内を設けています。
社員向けの部屋探しや地震対策などのプランの提供もあります。


佐川引越しセンター

「ビルごと引越ししたい」「オフィスのレイアウトの変更をして欲しい」などの要望も聞き入れる引越し業者です。
什器の廃棄や新規手配、組立なども行なってくれますし 機密書類の溶解廃棄などもあるので安心です。
電話やLAN配線などは提携会社が責任を持って対応してくれます。


 ■その他、法人向け引越しを取り扱っている業者

エキスパート引越サービス
ハート引越しセンター
サカイ引越しセンター
アップル引越しセンター
日本引越センター
アクティブ引越しセンター
シモツ引越しセンター
ダック引越しセンター
カルガモ引越しセンター
名鉄運輸株式会社


このページの先頭へ