高齢者に負担の少ない引越し

高齢の引越しは、そうy断できる引越し業者を見るけることです

最近は、シニアの引越しも大変人気があります。
我が国の高齢事情もあり【シニア向け引越し】プランを各業者が受け入れ始めているからです。

最近では、一戸建て住宅やマンション・アパートの他にも 老人ホーム、ケアハウス、グループホームなどの老人福祉施設などへの引越し対応も行なっています。
(シニア専門プランの利用は60才以上の方が対象)

シニア(高齢者)のための引越しプランとは?

60才以上が対象のプランのイメージイラスト

高齢者向け引越しと通常の引越しの違いは『コンシェルジュ』や『引越管理士』が引越しのアドバイスをすることです。
他にも女性スタッフが対応や荷造りに関わったり、不要品の整理や新居での配置や整理整頓などの相談に応じてくれることです。

シニアプランは、案内をしていなくても大手引越し業者をはじめ各業者で受付ているので見積りの時に相談してみてください。
引越しのプロたちが、経験を生かしてアドバイスをくれますよ。

高齢の方に多い悩みが不要品の整理です。
長年捨てられなかったものや思い出の品などがたくさんありすぎて自分たちではできないということ。
特に重いものが運べないなどの身体的な悩みも多くなります。

このようなシニアのみなさんのお役に立てるのが【シニアパック】です。

シニアパックを扱いう業者

引越し業者が独自で設けた資格制度取得者が引越しのお手伝いをします。
引越し前から状況確認をし、荷造りや整理などについて的確なアドバイスをするのが特徴です。

ハート引越センターでは、女性スタッフが100円ショップで購入できるものを使った収納術なども教えてくれます。
アート引越センターも「アートエプロンサービス」の助成スタッフが作業にあたります。
ハトのマークの引越センターは全国に950名の引越管理士がレベルアップを続けています。

アート引越しセンター 「暮しの整理士」が無料で整理・整頓の相談にのってくれます
引越しの1ヶ月前に直接訪問してアドバイスをします
ハトのマークの引越センター 「引越管理士」が引越し当日、立ち会いのもとお客様のご要望に対応
引越し前の不用品や荷物整理の相談も受け付けます
ハート引越センター 女性スタッフ「サポートレディ」が整理や収納のアドバイスとサービスを行います

高齢者の引越しで気をつけること

高齢になってから住み慣れた我が家を離れるのは精神的にも大変なことです。
また、引越しのための片付けとなると「どこから手をつけたら良いか分からない!」という方ばかりだそうでストレスを抱えてしまうそうです。
通常のおまかせプランで引越しをしようとしても 当日の指示が上手くできなく作業スタッフが仕事が進まない事もあったりシニアの方たちの引越しは思っている以上に気を配る必要があります。
やはり、引越しに伴う事前準備が必要になります。

引越し業者を選ぶにあたって、家族に相談できない時は専門の方のアドバイスは重要です。
選ぶ基準のひとつは、引越相談窓口がある業者がいいと思います。

また、住居を探す場合なども高齢者向住宅もありますし、福祉施設に入居するときもじっくり検討することが必要になります。

■ シニア向け引越しの業者選びのポイント ■

  • シニアのプランがある
  • 引越関連の相談窓口がある業者
  • 不要品の引取りやリサイクルのある業者
  • 女性スタッフがいる業者
  • 家具の配置や配線など電気工事をする業者
  • 公共手続きを代行する業者(NHK/新聞/NTT等)

各引越し業者の料金に関しては、一括見積りが早くて便利です。
国内最大の200社以上の優良引越し業者なので安心してお任せできます。
無料見積りは、【LIFULL 引越し見積り】のホームページから・・・。
見積り方法の説明は、「引越し見積り方法」のページで確認できます。


このページの先頭へ