引越しの基本料金の内訳を知る国土交通省の標準引越運送約款

引越しの基本料金を知ると誤魔化されることはない!

引越しには、適正価格があるのをご存知ですか?
国土交通省が定める【標準引越運送約款】に沿って料金を決めているんですよ。

トラックの大きさと時間または距離により基本運賃が決まっています。
この運賃と人件費とオプションなどのサービス料金を加えて引越価格を割り出しています。
また、基本料金の10%の範囲で引越し業者が自由に設定することが可能になります。

引越し金額の計算の方法を解説したイラスト

標準引越運送約款と引越料金の算出法

基本運賃

各引越し業者は、約款に沿って運賃を割り出します。
トラック便を使う場合は、この標準引越運送約款が基になりますが、
航空便の場合は、国内航空宅配便運送約款を基に計算されます。

基本運賃とは、下図のように時間と距離に分類され運搬トラックの大きさ毎に上下限が決まっています。 上下限は10%内で、季節や時間などにより割引の対象にされています。

引越約款に基づく基本運賃表、時間や距離別料金と運搬車別料金の詳細を表説明しています


人件費

人件費とは、荷物の運搬や搬入出スタッフ・おまかせパックのような梱包をするスタッフ・営業さんなどをはじめとする社員やパートなどにかかる費用になります。

作業員は、単身引越しでは1~2名・家族向け引越しは3~4人が一般的ですが、
梱包スタッフや追加スタッフを希望の場合は、人件費の加算もされます。

引越し業者の明細にも『作業人数』と書かれた項目がありますし、「追加人数1人あたり〇〇○円」などと明確になっています。
引越しを安く済ませるには、できる限り自分で行うことです。


オプション・その他の費用

オプション費用には、おまかせパックや単身パックのように引越しプランに付加するものがあります。

その他にも、エアコンの取付取外しやピアノや車・バイクの運搬、ハウスクリーニング・不用品の処分などにも料金が発生します。

オプション料金は業者毎に価格が決められているので 引越見積り合計額にバラつきが出てきます。
そのため、多くの見積もりをすることが大事になるわけです。

しかし、基本運賃が10%の値引きしかできないのに対して その他のサービスは値引きしやすい傾向にあるので交渉して割引率をあげましょう。


このページの先頭へ